映像コンテンツを作るには | 動画編集をしたい人におススメ


この記事の所要時間: 329

editmovie

 

ブログ記事を書いていたりすると
コンテンツという言葉に敏感になってきますよね。

 

これまではブログで記事を作成して
画像や図で表現していたりしましたが
これからコンテンツはテキストから動画に
変わっていくといわれています。

 

Googleの副社長もいずれ動画コンテンツにとって
変わると言われているくらいです。

 

そうなるとこうして文章で皆さんに読んでいただいていますが、
いずれは動画を作ってみなさんに見ていただくことに
なるのかもしれません。

 

それでは そんな時代に備えて動画コンテンツを作りたい、
準備をしたい人は一体どのように動画を作り始めたら
いいのでしょうか。

動画を作るには?

 

動画を作ろうと思っても、映像制作に関連する
仕事にいる人でもない限りどのように動画を
作ったらいいのかわからないですよね。

 

 

動画を作るには、3つの方法があります。

  1. カメラで撮影、編集
  2. キャプチャー
  3. スライド

 

1.カメラで撮影、編集

 

カメラで撮影してそれを編集する方法です。

 

カメラで撮影して編集するには、カメラマンがいたり
照明さんや音声さんがいて本格的な撮影からスマホなどの
カメラを使った簡易撮影までレベルはさまざまですが、
撮影時のセリフを覚えたり、出演する必要がありますので
場合によってはかなりハードル高い方法になります。

 

2.キャプチャー

 

パソコン画面をキャプチャーという録画ソフトの機能を使って
ソフトの使い方などを映像にする方法です。

 

主にツールの使い方などをするために使います。

 

ブログ記事では説明しきれない情報を
映像にすることでより分かりやすいコンテンツにすることが
可能です。

 

3.スライド

 

インターネットビジネスでは、ビジネスの方法を
教えたりするのもインターネット上で行われます。

 

その際に、資料を渡して読んで実践させるよりも
スライドを映像にして授業のようにレクチャーする方が
より細かいニュアンスを伝えられるので、

 

講義形式のコンテンツの場合によく見られる方法です。

 

動画を作る場合は、このどれかで作っていきますが
どの方法で作るのが自分のコンテンツに合っているでしょうか。

 

おそらく撮影編集の方法をいきなりというよりは
キャプチャーやスライドを使った動画制作が
入口になるのではないかと思います。

 

それではどのように動画を作ったらいいのでしょうか。

 

初めて作るとしたら、難しいですよね。

 

こうした疑問を解決してくれる無料レポートがこちらです

 

⇒ 『これ1つできる!初心者でも動画を作成できる教科書!無料でも有料でも、動画を作成できる手順を公開!動画解説付きだから迷わない!』

 

いかがでしたか。

 

このレポートで紹介している方法を使えば
初めてでも簡単に動画を作ることが可能です。

 

最初は時間がかかるかもしれません。

 

しかし慣れてくれば簡単に映像が作れるようになります。

 

是非このレポートを呼んで動画コンテンツを
作ってみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 『これ1つできる!初心者でも動画を作成できる教科書!無料でも有料でも、動画を作成できる手順を公開!動画解説付きだから迷わない!』

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です